2010年09月30日

最近よく聴いているCD ジェロ【カバーズ】


今も聴いています。
JERO COVERS (2008/6/25)
発売から2年経っていて今さらですが、
TUTAYAで見つけてなんとなく借りてきました。

よいです!! 非常に良いです。

演歌・歌謡曲のカバーアルバム。
昭和生まれの方なら懐かしく思われる名曲7曲をカバーしています。

一応、「曲目」(オリジナル・歌手)を。

1.「氷雨」 (日野美歌・1982年)
2.「君恋し」 (二村定一・1928年、フランク永井・1961年)
3.「夜空」 (五木ひろし・1973年)
4.「水鏡」 (鈴木一平・1980年)
5.「本牧メルヘン」 (鹿内孝・1972年)
6.「釜山港へ帰れ」 (チョー・ヨンピル・1972年)
7.「さらば恋人」 (堺正章・1971年)

特に「夜空」は絶品です。
五木ひろしの「夜空」もいいけど、さすがにCD借りて聴こうとは
思いません。が、ジェロならBGMとして気軽に聴けます。
もちろん、「氷雨」「釜山港へ帰れ」も素敵ですよ。
私が大好きな「さらば恋人」・・・、これだけはスローテンポにしていました。
私はいまひとつでしたが、でも、やっぱりいい曲ですね!!

私の場合、カバーアルバムを聴くと、大抵オリジナルを聴きたくなるものですが、
この「カバーズ」に関しては、そんな気持ちにならないのも不思議です。
ジェロが唄うとジャンルも関係なくなりますね!?
何でですかね!??
日本人演歌歌手が背負っている雰囲気、
暗さと悲壮感がないからでしょうか・・!?
それとも、あの声とルックスのせい!?
・・・、
まあ、よくわかりませんが、
・・・、
しばらくは、これで楽しめそうです。

どうやら、カバーズ2、カバーズ3も出ているようなので、
近々借りてこよう!!

以上

posted by にんざぶろう at 01:12| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

「熱海の捜査官・オフィシャル本」に物申す!!


先日(9/25)、尖閣諸島問題に物申す!!とのタイトルで、ブログを更新したばかりですが、
今度は、「熱海の捜査官・オフィシャル本」に物申す!!ことになりました。
“物申して”ばかりで恐縮ですが・・・、
ここは、書かせてください。σ(^_^;)

今日いつもの三軒茶屋のTUTAYAで、目に入ってきたのが
熱海の捜査官・オフィシャル本」です。

おや・・・、!?と、思いました。
まてよ・・・!?と、思いました。
・・・、
帯に、
テレビでは分からなかったも、これさえあれば、だいたい分かっちゃいます
なんて、書かれています。
・・、
・・・、
なるほど、そういうことですか!!と、私。
だいたい分かりましたよ!!
・・・、
そうきましたか!?
きちゃいましたか!!

ここまで読んで、「熱海の捜査官」って何!??
という方のために簡単に説明しますと、
TV朝日系で金曜PM11:15から(7/30〜9/17)放送されていたドラマのことです。
-------
人気ドラマ「時効警察」のチームが再び!
・南熱海市で、スクールバスごと4人の美少女中学生が消えた。戻ってきた1人が3年後、覚醒したことで新展開を迎えた謎だらけの事件を、広域捜査官のオダギリジョー&栗山千明が解明していく脱力系コメディーサスペンスドラマ。
--------
要するに、軽いギャグを交えながらも本格的な謎解きミステリーなのです。
ストーリーは「時効警察」のような一話完結ではなく、連続もので最初はとまどいましたが、
謎の多さと独特の世界観が妙に気になって、結局最後まで見届けた作品です。

で、問題は、最終話です。
謎解きのミステリーですから、最後には当然謎解きがあるわけですが、
最後のオチが微妙なのです。
スッキリ・ハッキリしないのです!!
多分、このラストには、賛否両論があるだろうと思います。
ハマった人、ガッカリした人、分かれたことでしょう。
でも、それ自体は、まあ良しとしましょう。

で、
上記の【オフィシャル本】登場となるわけですね。
帯の、
テレビでは分からなかった謎も、これさえあれば、だいたい分かっちゃいます
という文言。
ドラマをご覧になっていなかった方でも、何となく想像はつくと思いますが、
つまり、この【オフィシャル本】、気になって仕方がないのです!!
( ̄Д ̄;;
だって、テレビでは分からなかったわけですから・・・。

あの帯からは、
《ね、テレビだけでは、分からなかったでしょ!?あの謎。でしょ!?、だからこの本、買っちゃいなよ。だいたい分かっちゃうから・・・》っていう声が聞こえてくるのです(難聴じゃないですよ)。

これ!?
このやり方が、私は気に入らない!!

あのラストでも、なんとなく自分なりに想像し、解釈して終わらせるという手もあったわけです。
それで納得して終わりにしようという気持ちになっていた矢先です!!

それなのに・・・、

ドラマは、ドラマで完結せい!! と、私は声を大にして言いたい。
【オフィシャル本】なんかに頼らせるな!!
中途半端なことをするな!!と、言いたい。

多分、消化不良に陥ってしまったファンの方、すっかりハマってしまった方は、この【オフィシャル本】を手に取ってしまうことでしょう。その気持ちもよく分かります。

しかぁし、私は、決して読みません!!
こうしたやり方が気に入らないからです。
たとえ頑固オヤジと呼ばれようが、大人げないと言われようが、
その手には乗らないぞ!!

と、いうことで、
熱海の捜査官・オフィシャル本」に物申した次第です。

追伸
もちろん、「熱海の捜査官」にハマってしまい、もっとドラマの事を深く知りたいという方は、遠慮せず、躊躇せずにご購入してくださいね。


以上

posted by にんざぶろう at 00:34| 東京 ☁| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

亀田兄弟の「世界戦」を考える


昨日、亀田大毅選手がWBA世界フライ級タイトルマッチで坂田健史選手と対戦し、
初防衛に成功しました。
「因縁の対決」的な状況とTBSの必死の番宣によって、
多くの方がご覧になったのではないでしょうか!? 視聴率20〜30%位は・・?

当ブログでは事あるごとに、亀田家のボクシングスタイルを批判してきたものですが、
昨夜試合後の大毅選手の挨拶などを見ると、随分心を入れ替え・成長したなぁと感じました。
これまでは、ルールある格闘技にもかかわらず、当然の振る舞いを無視していましたからね。

でも、残念ながら、
ボクシングの世界戦としては、正直「凡戦」だったと思います。
----
両者ともダウンは一度もなく、連打の打ち合いも数少ない!!
前半は、バッティングやローブローの応酬、終盤は、クリンチによる時間稼ぎなどなど。
これが、無名の外国人同士のタイトルマッチであれば、
あくびの出るような退屈で平凡な試合でありました。
----
この感想、実は、
昨年11月の「亀田興毅対内藤大助」戦での感想と同じであり、
また、今年2月の「亀田大毅対デンカオセーン・カオウィチット」戦でも
まったく同じように感じたものです。

ボクシングの最高峰である世界戦での楽しみ、それは、
・感動できる試合だったか!?
・手に汗握る展開で、熱くなれたか!?

・目にもとまらぬパンチの応酬とテクニックに感嘆できたか!?
そこにかかっていると思うのですが・・・、プロなんだから・・・。
亀田兄弟戦となると、いまだに因縁対決ばかりが先行して、
まったく試合内容はどうでもよいみたいになってしまうのが、
残念であり、不幸だと思います。

先日9月20日の内山高志選手のWBA世界Sフェザー級戦をご覧になりましたか!?
あれですよ、あれ!!

今年4月30日の長谷川穂積選手 WBC世界バンタム級統一戦!!
負けはしましたが、そんなの関係ありません!! 勝ち負けは時の運!!
あんなに緊迫した日本人の世界戦は見たことありません。

同日の西岡利晃選手 WBC世界Sバンタム級防衛戦
フィリピンの新鋭バルウェグ・バンゴヤン選手との戦いは5RTKOの見応え十分の試合でした。

一つ言えることは、
亀田兄弟の問題は、対戦相手の問題なんです。

失礼を承知で言うと、
(内藤選手、坂田選手、ファン・ランダエタ選手、デンカオセーン選手、ポンサクレック選手、ごめんなさい)
これまで世界戦で戦ってきた相手は、全員、峠を越した選手たちばかりです。
同時にパンチがない選手ばかりです。
だから、ダウンシーンが見られない!!
そして、峠を過ぎてスタミナも落ちているので、終盤は、クリンチばかりの試合になる。

どうして、そんなマッチメークしかできないのか!?

内山選手や長谷川選手、西岡選手たちのように、強い相手と戦ってこそ、
さらに自分たちも強くなれるし、またベルトの価値も上がるというのに・・・。
あのアジアの英雄・マニーパッキャオ選手は、強い相手としかマッチメークしませんから・・。
というか、ファンは望みません。

これだけ知名度がある亀田兄弟ですから、
そろそろ、そろそろ、今が旬の強い相手と戦ってほしいと願います。

でなければ、この先、いくら2階級制覇といっても・・・、
どれだけその肩書に価値があるというのでしょうか!?

亀田兄弟は、昔は(5〜6年前)強い選手だと思っていただけに、
もっとその実力を磨いて、私たちにプロらしい試合を見せて欲しいものです。

以上

posted by にんざぶろう at 22:35| 東京 🌁| ボクシング・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。